リタイヤ中、けど問題山積で迷走中

日常の独り言を楽しみたい、楽しめる毎日にしたい。けどね?

尊厳死に思うこと・・・もし私が倒れたら

 なんか、出だしが暗~い感じがします。ふと、思ったことを書きます。恐らく過去に1回くらいリビングウィルについて、ブログに書いたと思うのですが、何処にあるのかわからず改めて書きます。

 孤独死はしないだろう・・・現在妻がいて、2階には子供夫婦がいるから。1日一回孫のどちらかが下りてくるので、発見されないことないよねって。妻もご飯の時に呼びに来てくれるし。

 もう3年前くらいになるかと思う。親(叔父さん)と子供(甥)がいました。叔父さんは地元マンション(関東のどこか・東京より上)で一人暮らし、甥は九州で働いていた時です。

 叔父さんが倒れた・・・これから始りました。第一発見者は管理人で、管理人に通報したのは、寿司の店員だそうです。よくある話ですけど、容器を回収しに来た時中身がそのまま・・・不思議に思い管理人さんへ。後は、皆さんが想像したようなったとかもしれませんが、脳梗塞で倒れていたとのことです。死んではいません(失礼)があと何日発見されていなければアウトだそうです。

 それから約半年間甥は週末九州から東京経由の田舎へ毎週のように身の世話をするために。1週間で7キロ痩せたそうです。

 私が見舞いに行ったときも、延命装置をつけられずっと意識がない状態でして、もう甥との話だけになりましたけど、尊厳死の連絡受けている?いや・・・ない。ここで終ってしまいましたが、サバサバしていたようにも思えました。

 そこで尊厳死・・・リビングウィルです。法的に強制力は全然ないので、効果はないと聞きます。私は、書いています。もしも延命装置が必要な場合、事前に私の意思を伝える手段です。これだけしかありませんので、妻か子供達が判断するだけです。

 逆に妻が先に倒れて、植物状態になったらどうしよう・・・書いている今でさえ、わかりません。非常に深刻な問題に遭遇するか、遭遇されるかですので、事前に対応しておけばいいかもしれません。

 ある日、尊厳死の紙持っている?・・・妻・どっかに? 長男・なんだっけ?聞いたきがするけど。こんな感じですよ・・・トホホ。

 ちゃんと手書きで書きました。書いたコピーを子供2人に渡しています。パソコンで書いては駄目です、本人が書いたか確認できませんから。

 公正証書も考えましたが、金がかかるのでやめました。要は、延命装置を切れるかどうかです。公正証書にすれば切れるならしましたけど、強制力はないので一緒です。

 なぜ、こんな事書くの?・・・妻がもし倒れたらどうするのと、思ったからです。いろいろありますよね、人生って。やはり、自分だけじゃないんだと。